芦屋の地域情報サイト
芦屋人あしやびと
もっと芦屋をたのしんじゃお。

ペット大好き!

ペット大好き!

あなたの大事な家族であるペットと暮らす日々を、もっと楽しく便利にしませんか?
動物病院やペットホテル、トリミングショップの情報、今話題のお役立ちグッズなどを紹介していきます。あなたのペットの便利帳としてご利用ください。

ペットのお写真も募集中!
かわいい!癒される♪これは決定的瞬間!ってベストショットを自慢してくださいね。

ペットについてのお悩み、気になることがあれば芦屋人お問い合わせフォームまで!シエル動物病院の木村院長先生が、あなたのご質問にお答えしてくださいます。

イラスト犬 猫写真

あしやのペットたち なんでも相談

Q

 前立腺って犬にもあるって知らなかったのですが、親が飼っている犬が前立腺の病気になったそうです。前立腺の病気について教えてください。

Q

シエル動物病院
木村院長先生からの回答

(2019.10.24更新)

前立腺は膀胱の尾側にある副生殖腺で生殖機能に重要な働きをするオスの臓器のひとつです。哺乳類のオスにみられ、ヒトの男性にもイヌ、ネコにもあります。
前立腺の病気で一般的によく遭遇する病気は、良性の前立腺肥大、前立腺嚢胞、前立腺炎、前立腺膿瘍、前立腺腫瘍などです。
良性の前立腺肥大は去勢をしていないオス犬にみられ、中年期以降ホルモンのバランスが崩れることにより肥大し、過度に肥大すると背側を走行する大腸を圧迫することにより排便困難になります。治療は去勢手術か、ホルモン剤の投薬を行います。
前立腺嚢胞は前立腺内に液体が溜まっている状態で、時には血液が含まれていることがあり、血尿を主訴に来院されます。これも前立腺肥大に伴って発生するのでホルモン療法を行います。あまりにも嚢胞が大きい場合は液体を抜くなどの処置が必要なこともあります。
前立腺炎は尿道から前立腺へ細菌が上行感染することによりおこります。炎症によって痛みが生じ、元気消失、背弯姿勢を呈し歩行を嫌がることもあります。前立腺に多量の膿を貯めるようになると前立腺膿瘍となります。適切な抗生物質治療が必要で治療が遅れると致命的です。
最後に前立腺腫瘍ですが、発見時にはすでに転移していることが多く予後不良です。激しい疼痛を伴うので手術、抗がん剤治療もなされていますがどれも十分な治療効果は期待できないことが多いです。
前立腺は骨盤腔内にあるので肛門から指を差し込む直腸検査でもしないかぎり触ることは難しく、そのため前立腺の異常に気付くのがどうしても遅くなってしまいます。尿の異常として濁り、異臭、血尿などがみられたり、頻尿、便が出にくい、便が細いなどの排便障害が見られたら病院でエコー検査など詳しい検査を受けるようにしましょう。

ペットのご相談は芦屋人問い合わせフォームに「Ciel動物病院 木村先生へ」と記入の上、ご質問内容を送信してください。

PR