芦屋の地域情報サイト「芦屋人~あしやびと~」は、芦屋のおすすめグルメやファッション、美容をはじめ、おしゃれな習い事や子育て情報など、「もっと、芦屋をたのしめる」生活情報をお届けします。

芦屋の地域情報サイト 芦屋人~あしやびと~
もっと、芦屋をたのしんじゃお。
芦屋ショップコレクション
街サーチ
フェリシモ体験型ギフトexpe!
芦屋人黒帯臨時号
てくてくベッキー★突撃レポート!
芦屋の素敵なお店を気ままに紹介
PR
もっと知りたい芦屋
芦屋人黒帯
こどもとおでかけ
KIDS黒帯
新しいことはじめよう
Ashiya School Guide
芦屋で働いてみませんか?
グルメ ビューティー おでかけ ファッション
記事より早いクチコミ情報
芦屋発
ブログ大集合
芦屋安全掲示板
芦屋・おさんぽ日和
芦屋人のFacebook
ネット新聞折込広告でPR!
お問合せはフォームor お電話にて
(芦屋人TEL:0797-31-4378)
PR
Advice of Culture&Trip芦屋発 旅と文化のすすめ

<基礎知識編> 第1回 ロマネスク

【カテドラル】
11~13世紀(サンティアゴ・デ・コンポステラ:スペイン)ロマネスク文化のきっかっけとなった、 巡礼の聖地サンティアゴ・デ・コンポステラの大聖堂。この建物自体がロマネスク建築であるが、 後の増改築で正面にバロック風の装飾が施された。
(写真提供/スペイン政府観光局)
■橋本亮一 プロフィール
(株)ブルーム・アンド・グロウ代表取締役
IATA-UFTAA International Travel Consultant
総合旅行業務取扱管理者
レイル・エキスパート
日本旅行医学会認定添乗員
「お仕着せになりがちなパック旅行では味わえない旅を提供したい」と、2003年6月、15年間勤めた大手旅行会社を退社後、サロン形式の旅行会社を構え、その人に合った世界にひとつだけの旅プランを提案。また、サロンでは週末に「旅の学校」も開講。
芦屋市山手町24-5 TEL:0797-23-8740
E-Mail:travel@bloom-grow.jp
 
中世初頭の大混乱の時代を経て、あれほど高度に発展したローマ文化は、かろうじて東ローマ帝国に伝えられただけで、西ヨーロッパでは跡形もなく忘れ去られてしまいました。 
それでも11世紀に入ると農耕技術が発展し、社会と人々の生活が安定してきます。生活が安定すると旅に出たくなるのは、いつの時代も同じ。
キリスト教が生活に根づいていた当時の人々にとって、スペイン北部の聖地サンティアゴ・デ・コンポステラなどへ「巡礼の旅」に出かけることが人生の楽しみになりました。
旅をしようと思えば、泊るところが必要です。また、道中に<お参り>できる場所を作れば、人々が立ち寄り、お金も落としてくれることでしょう。そんな観光産業のような発想で、巡礼の道沿いに多くの<ホテル兼教会>が建てられました。
当時の西欧では、カマボコ型のアーチを使って<石の屋根>をかけるという、ローマ時代には当然だった工法がようやく<開発>されたところでした。
壁で石の重い屋根を支えるには、できるだけ壁は分厚く、窓は小さくしなければなりません。その結果、教会の堂内は壁の面積ばかりが多い、薄暗くて幻想的な空間となりました。こうして作られた建築を「ロマネスク建築」と呼びます。
人々の多くは文字が読めません。しかし壁の面積はたくさんあります。そこで立ち寄った人々に、キリスト教をもっと知ってもらえるよう、堂内の壁に聖書の教えをわかりやすく、イラストとして描くようになりました。今ならさしずめ「マンガ聖書物語」といったところでしょうか。これが「ロマネスク絵画」であり、西洋絵画のルーツなのです。
 
 
【栄光のキリスト】
(作者不詳:タウル サン・クレメンテ教会旧蔵) 
1123年頃 カタルーニャ美術館(バルセロナ:スペイン)
平面的でマンガチックに描かれた、ロマネスク絵画の典型的作品。教会の壁画から丁寧に外されて、現在はカタルーニャ美術館に収蔵されている。
 
このコンテンツの掲載は終了しています。
■ 旅と文化のすすめ バックナンバー ■
Vol. 1 <基礎知識編> 第 1回 ロマネスク
Vol. 2 <基礎知識編> 第 2回 ゴシック
Vol. 3 <基礎知識編> 第 3回 ルネサンス
Vol. 4 <基礎知識編> 第 4回 バロック
Vol. 5 <基礎知識編> 第 5回 市民芸術の開花
Vol. 6 <基礎知識編> 第 6回 新しい芸術
Vol. 7 <基礎知識編> 第 7回 現代建築と絵画
Vol. 8 <都市紹介編> 第 1回 ミラノ①~最後の晩餐
Vol. 9 <都市紹介編> 第 2回 ミラノ②~ドゥオモ
Vol.10 <都市紹介編> 第 3回 ヴェネチア①~サン・マルコ寺院
Vol.11 <都市紹介編> 第 4回 ヴェネチア②~運河
Vol.12 <都市紹介編> 第 5回 フィレンツェ①~ウフィッツィ美術館
Vol.13 <都市紹介編> 第 6回 フィレンツェ②~ルネサンス建築
Vol.14 <都市紹介編> 第 7回 ローマ・ヴァチカン①~システィーナ礼拝堂
Vol.15 <都市紹介編> 第 8回 ローマ・ヴァチカン②~ローマの建築
Vol.16 <都市紹介編> 第 9回 パリ①~ヴェルサイユ
Vol.17 <都市紹介編> 第10回 パリ②~ナポレオンと都市計画
Vol.18 <都市紹介編> 第11回 パリ③~オルセー美術館その1
Vol.19 <都市紹介編> 第12回 パリ④~オルセー美術館その2
Vol.20 <都市紹介編> 第13回 パリ⑤~オルセー美術館その3
Vol.21 <都市紹介編> 第14回 パリ⑥~ルーヴル美術館その1
Vol.22 <都市紹介編> 第15回 パリ⑦~ルーヴル美術館その2
Vol.23 <都市紹介編> 第16回 パリ⑧~ルーヴル美術館その3
Vol.24 <都市紹介編> 第17回 パリ⑨~現代建築
Vol.25 <都市紹介編> 第18回 パリ⑩~教会建築
Vol.26 <都市紹介編> 第19回 ロンドン①~ゴシックの潮流
Vol.27 <都市紹介編> 第20回 ロンドン②~ロンドン塔周辺
Vol.28 <都市紹介編> 第21回 ロンドン③~ナショナル・ギャラリー
Vol.29 <都市紹介編> 第22回 ロンドン④~ナショナル・ギャラリーとテート・ブリテン
Vol.30 <都市紹介編> 第23回 イギリスの田園地帯~コッツウォルズ
Vol.31 <都市紹介編> 第24回 ウィーン~ハプスブルグの遺産
Vol.32 <都市紹介編> 第25回 ウィーン~時代を超えた名画
Vol.33 <都市紹介編> 第26回 ウィーン~古さと新しさの融合
Vol.34 <都市紹介編> 第27回 マドリッド~プラド美術館
Vol.35 <都市紹介編> 第28回 マドリッド~街の歴史と建築
Vol.36 <都市紹介編> 第29回 バルセロナ~ガウディの建築
Vol.37 <都市紹介編> 第30回 バルセロナ~芸術家を育てる街
戻る芦屋のお店、大集合芦屋人・街サーチプレゼントコーナースクールガイド働く芦屋人芦屋口コミテラス芦屋安全掲示板
芦屋人・黒帯黒帯・バックナンバー芦屋人・KIDS黒帯芦屋人業務案内掲載プランお問い合わせサイトマップトップページへ
★特集★ 【スペシャルゲストインタビュー映画猿旅と文化のすすめ悩む時間を減らしたい、相談室芦屋の民話タイムスリップ芦屋
  Copyright 2004-2017 Ashiya-People All Rights Reserved.