芦屋の地域情報サイト
芦屋人あしやびと
もっと芦屋をたのしんじゃお。

芦屋スイーツ速報 2018-12-18発行号

芦屋スイーツ速報

おすすめスイーツ

芦屋人スタッフお気に入りのスイーツをご紹介します!

おすすめスイーツ

12月と言えば1年のうちでも特に一大イベント、クリスマス!
家族や友人の“輪(リース)”を優しく結んでくれるような特別なクリスマスになりますように…という願いを込めて…PATISSERIE etonne(パティスリーエトネ)から素敵なクリスマスケーキをご紹介します!

※掲載している情報は、2018.12.01の情報です。
 そのため記載内容が、最新のものと異なる場合があります。

芦屋市 / PATISSERIE etonne(パティスリーエトネ)

ネオ リース<直径15㎝>※そごう神戸店限定(お渡し日:12月23日・24日、販売予定数50) 4,320円(税込)

阪神芦屋駅から北に徒歩約5分、昨年の9月黒帯特集記事でもご紹介した「PATISSERIE etonne(パティスリーエトネ)」。オーナーシェフの多田征二さんは、心から「美味しい」と思ってもらえるようなベーシックなものを中心に、良い素材を一番美味しいタイミングで使った「素材が主役」のスイーツ作りを手掛けられています。
そんなエトネの今年のクリスマスケーキは、ひと際目立つデザインで登場!その名は「ネオ リース」。神戸を代表するパティシエが、“洋菓子の街、神戸”の魅力を高めるために誕生した『ORIGINE KOBE』のメンバーである多田シェフが、そごう神戸店のスタッフ「スイーツアテンダント」とコラボして誕生したクリスマスケーキです。『白いケーキに赤く細いリングをシンプルに飾った、リースをイメージしたものを作ってほしい』というスイーツアテンダントからのデザインイメージをもとに、通常のリースのような輪っかだと割れやすく、そもそもそのままのイメージにしても面白くない…など話し合って試行錯誤。普段のケーキの上に乗せるクリームや飾りではなく、大きなケーキならではのものを乗せ、箱を開けた時の驚きや嬉しさなどを感じてもらいたいという思いから、今回のような「ネオ リース(新しいリース)」という形が出来上がったそうです。赤いリボンのような飾りは、なんとホワイトチョコレート。土台のシンプルな白いケーキの中は、ピスタチオムースリーヌやショコラブラウン・バニラのムース、コンポートアプリコットなど、幾つもの層が重ねられています。
「クリスマスケーキは、家族や友人など何人かで楽しく会話をしながら食べるもの。みんなが好みやすいような、できるだけ優しく、とげの無いものを…そしてクリスマスといった特別な食卓のご飯のあとにケーキを頂くことがきっと多いので、重くならないように、軽くなめらかになるよう心掛けました。」と多田シェフ。
1年に一度の、特別な日。団らんの温かいひと時に溶け込むように彩るパティスリーエトネのクリスマスケーキ。家族や友人の“輪(リース)”を優しく結んでくれるような素敵なクリスマスになりますように…という願いを込めて…。
そごう神戸店本館地階ご予約会場にて12月18日(火)までご予約受付
★パティスリーエトネ店頭でのクリスマスケーキのご予約も12月1日から始まっています。

<ライター 坂本美紗子>

PATISSERIE etonne(パティスリーエトネ)

  • 兵庫県芦屋市大桝町5-21 (GoogleMap)
  • 0797-62-6316
  • 10:00~19:00
  • 火曜日

PR