芦屋の地域情報サイト
芦屋人あしやびと
もっと芦屋をたのしんじゃお。

ペット大好き!

ペット大好き!

あしやのペットたち なんでも相談

Q

うちの犬がどうも目が見えてないようで、ときどき歩きながらぶつかって方向転換しています。目は白くないので白内障ではないと思いますし、痛がっているようなこともなく、食欲もあって元気です。何が考えられますか?

Q

シエル動物病院
木村院長先生からの回答

(2020.02.12更新)

ぶつかりながら歩いているということですから、視力は消失しているかもしれません。
見た目に白内障はなさそうですし、疼痛もなく元気とのことですから脳疾患の可能性も低いでしょう。ゆっくり進行してきているのかどうかが不明なのですが、進行性網膜萎縮症(PRA)か突発性後天性網膜変性症(SARD)ではないでしょうか?
この両疾患は眼球の奥にある網膜の疾患で、双方ともぱっと見た目には異常所見はみられないため飼い主さんがなかなか気づけないことが多いようです。PRAは先天性疾患で比較的若齢で発症し、SARDは中高齢期にみられます。症状としては、PRAは当初、夜盲からはじまりゆっくり進行していくのですがSARDはその名の通り急に眼が見えなくなったと来院されます。見た目での診断はできないので、病院での詳しい眼科検査が必要になります。どちらの病気も残念ながら治療方法がないのが現状です。PRAは、眼のサプリメントの投薬で少し進行スピードを和らげる程度のことは可能なようですがいずれは視覚消失してしまいます。また、PRAが原因で白内障を発症することがあり、その白内障が原因で起こる、眼の炎症のブドウ膜炎や緑内障をおこすことがあるので注意が必要です。
視覚が消失してもワンちゃんは比較的適応して上手く生活できます。ケガのないよう、そして、フードや水の場所、トイレの場所などをわかりやすくしてあげるといいですね。
まずは、病院でしっかり検査を受けるようにしてください。

ペットのご相談は芦屋人問い合わせフォームに「Ciel動物病院 木村先生へ」と記入の上、ご質問内容を送信してください。

PR