芦屋の地域情報サイト
芦屋人あしやびと
もっと芦屋をたのしんじゃお。

ペット大好き!

ペット大好き!

あなたの大事な家族であるペットと暮らす日々を、もっと楽しく便利にしませんか?
動物病院やペットホテル、トリミングショップの情報、今話題のお役立ちグッズなどを紹介していきます。あなたのペットの便利帳としてご利用ください。

ペットのお写真も募集中!
かわいい!癒される♪これは決定的瞬間!ってベストショットを自慢してくださいね。

ペットについてのお悩み、気になることがあれば芦屋人お問い合わせフォームまで!シエル動物病院の木村院長先生が、あなたのご質問にお答えしてくださいます。

イラスト犬 猫写真

あしやのペットたち なんでも相談

Q

もうすぐ14歳になる柴犬の両方の後ろ足がじっと立っているときに震えるようになりました。歩いているときや寝ているときなどは震えたりしないので様子をみていますが治療したほうがいいのかどうか教えてください。痛みはなさそうです。

Q

シエル動物病院
木村院長先生からの回答

(2018.12.26更新)

起立時に両後肢のみが震えているということ、疼痛はなさそうということ、歩行時や横たわっているときには震えていないということからは、いくつかの病名が挙げられます。厳密には神経学的検査、レントゲン、MRI検査などの諸検査が確定診断には必要になります。今回の症状と14歳という年齢、そして神経学的な異常がないと仮定すると老齢性振戦が疑われます。この老齢性振戦という病気は10歳以上の高齢犬に見られますが、その原因やメカニズムはよくわかっていません。後肢が震える以外は体調に問題がなく、生命を脅かすような病気ではないので治療の必要はないと言われています。後肢の震えは私の経験上、ずっと変わらず続きますが、なかには進行して震えがひどくなることもあるようです。先にも述べたとおり命にかかわる病気ではないので治療しないことがほとんどですが、あまりにも震えがひどく見てられないとのことでしたら発作を抑える薬で震えをコントロールすることは可能です。

ペットのご相談は芦屋人問い合わせフォームに「Ciel動物病院 木村先生へ」と記入の上、ご質問内容を送信してください。

PR